地球環境と自然

This page:地球環境と自然TOP > 地球温暖化 > 地球にやさしい新材料

地球にやさしい新材料

地球温暖化,新材料,プラスチック,開発,実用

生活に不可欠となったプラスチックは、焼却せずに埋め立てゴミにした場合、広大な埋立地を必要とします。
そのような状況の中、地球にやさしい新材料として開発され、期待されているものに「生分解プラスチック」があります。
この「生分解プラスチック」は、使用中の機能は従来のプラスチックと同様なのですが、不要となってから廃棄されると土の中、水の中に存在する微生物の働きによって分解されます。
廃棄しても自然に還ると言うことは、地球温暖化に影響する様な負荷が生じないと言うメリットがあるのです。

「生分解プラスチック」の原料としては石油と生物資源がありますが、地球環境負荷を軽減する観点から、当然石油原料よりも生物資源(バイオマス)へシフトしている様です。
既に一部で実用化されている製品もありますが、従来のプラスチックの様に硬質プラスチック、軟質プラスチックと様々な種類が研究、開発されています。

現状では耐久性や耐熱性、コスト面で課題を抱えていますが、生分解プラスチックの特性を生かした用途での実用化が推進されています。

生活に不可欠となったプラスチックは、焼却せずに埋め立てゴミにした場合、広大な埋立地を必要とします。
そのような状況の中、地球にやさしい新材料として開発され、期待されているものに「生分解プラスチック」があります。
この「生分解プラスチック」は、使用中の機能は従来のプラスチックと同様なのですが、不要となってから廃棄されると土の中、水の中に存在する微生物の働きによって分解されます。
廃棄しても自然に還ると言うことは、地球温暖化に影響する様な負荷が生じないと言うメリットがあるのです。

 

CmsAgentTemplate1006-1013 ver1.0